自然に馴染むウィッグのつけ方

ウィッグを購入したもののつけ方がわからないという人も多いのではないでしょうか。ウィッグと感じさせない自然なつけ方を試してみてはいかがでしょう。さらにウィッグスタイルを楽しむことができるかもしれません。

フルウィッグの自然に見える使い方

フルウィッグをつける際に自分の髪の毛をすべてネットやカバーキャップに入れ込んでしまう方が多いですね。しかしいくら人毛のウィッグであっても不自然に見えてしまったり、浮いてしまう場合もありますよね。

そこで前髪からサイドにかけて自分の髪の毛を残し、さらにトップの部分をウィッグとの境目をカバーできるくらいの量で約前髪から2から3cm程度前髪とサイドと同様におきましょう。残しているところ以外の横の髪や後ろ髪はすべてネットの中に入れて問題ないでしょう。そのまま普段通りにウィッグを装着して、残しておいたトップ部分の髪の毛をウィッグに被せるように後ろの方へ持っていきます。そうすることでウィッグと自分の髪の毛の境目がカバーできるので、より自然に見せることができるでしょう。トップをホットカーラーなどで巻いて型をつけてからウィッグに被せるとより自然に見せることができますよ。

さらにアレンジをする時やボリュームを出す時は自分の髪の毛と一緒にウィッグをカーラーで巻いたり、アイロンでクセをつけるとさらに馴染みやすくなるでしょう。自分の髪の毛の残す量とウィッグのバランスさえコツを掴むと簡単に自然な使い方ができますよ。

ABOUT

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。