ウィッグで自然な生え際を作るには

ウィッグ愛用者にとって生え際はスタイリングする上でとても気になるポイントの一つです。

浮いてしまったり、オールバックにしたりすると不自然さが目立ってしまう事も多いですが、自然な生え際を作るにはどうしたら良いのでしょうか。

基本から無いものを作るまで

ウィッグを使用する際にとても気になるのが生え際の部分ですが、ここが浮いてしまっていたり自毛と明らかに違うと不自然で見た目が変になってしまいます。では、不自然に見えない自然な生え際の作り方はどうしたら良いのでしょうか。

まず見直したいのは基本の部分で、ウィッグネットをしっかりと着用するということです。これが正しく着用されていないとウィッグが浮きやすくなるのでより不自然に見えてしまいます。まずはこういった基本の部分を見直す事が大切になってきます。

しかし、ウィッグネットの見直し程度では生え際の不自然さはカバーできないケースも多いでしょう。どうしてもウィッグには生え際はないので不自然になってしまうのですが、無いのなら作れば良いのです。不要な部分があるウィッグならば襟足付近の毛をカットしたり、そうでない場合には毛束を別途購入するなどしてそれを生え際の部分に貼り付けるという非常に簡単な方法です。この際に生え際がしっかりと固まってから毛を馴染ませたほうが上手くセットしやすくなります。また、貼り付けは皮膚用の接着剤やスプレーなどで行いますが、乱暴に扱うと取れてしまうのでスタイリングの際は優しく行うようにしましょう。